毛孔性苔癬 治し方

毛孔性苔癬の治し方|皮膚科でもダメだった人

毛孔性苔癬の治し方 短期間で治すクリーム;

 

毛孔性苔癬は治るので安心して下さい

 

腕のブツブツがどうしても消えない
皮膚科の薬を塗ってるのに治らない
毛孔性苔癬は本当に厄介な症状ですね...

 

二の腕から肩の大量のブツブツが汚くて
半袖から見えるのも恥ずかしいですし、
ノースリーブなんて絶対着れません。

 

皮膚科でもらった薬を塗っても全然治らず
どうやっても消えないという人は多いです

 

そんな人のために、長年の毛孔性苔癬でも
短期間で綺麗に治すためのケア方法を
実際に治した女性を元に解説してます

 

 

⇒26歳の女性の腕|ここまで治りました

 

 

毛孔性苔癬の原因は肌の内側

 

毛孔性苔癬は肌の代謝異常と乾燥が原因。
現在皮膚科の薬を使っても治らない人は、
肌のターンオーバーが整ってない証拠です

 

毛孔性苔癬の正しい治し方は、
肌の奥深くから潤いを保ち、毛孔内の角質
を排出し、ターンオーバーを促進させる事

 

つまり、肌の奥の角質層まで浸透して、
潤いと水分を保つ薬用保湿を使う事で
ターンオーバーが促進され早く消えます

 

 

⇒4大成分で3ヶ月で完治|画像はコチラ

 

 

毛孔性苔癬の治し方はシンプル

 

一般的に毛孔性苔癬は治りにくいと言われ
ていますが、実際は自宅ケアでも完治可能

 

次の5つができれば簡単に消えます

 

  • 毛穴周辺の角質の角化を柔らかく
  • 肌のターンオーバーを促進
  • 毛孔内に充満した角質を排除
  • 肌内部から保湿を持続させる
  • 奥からハリと弾力を与える

 

このような効果のある薬用クリームを
毎日塗り続ける事で短期間で治ります。

 

毛孔性苔癬が治りにくいと言われてるのは
肌奥の真皮層という部分まで浸透する薬用
クリームがほとんど無いからです。

 

浸透性が高く、肌の代謝や潤いを上げる
薬用保湿を塗る事だけで消えていきます

 

 

⇒26歳女性|実際に使って3ヶ月後の画像

 

 

4大薬用成分で作られた「こだわり」

 

毛孔性苔癬を治す成分を凝縮

 

 

セラミド

 

水分保持と肌のバリア機能を高める成分
毛孔性苔癬を治す際に必要不可欠です

 

プラセンタエキス

 

美肌を作りターンオーバーを早める成分
美白効果もあるのでシミやニキビ跡も治す

 

ヒアルロン酸

 

肌の一番奥、真皮層から潤いを保ちます。
配合量が多く肌のハリを短期間で整えます

 

コラーゲン

 

肌奥の真皮層を治す成分です。毛孔性苔癬
はモチロン、凸凹やサメ肌も治します。

 

 

 

⇒26歳女性の結果|ビフォーアフター画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毛孔性苔癬の治し方と原因

毛孔性苔癬で皮膚科に行ったら.毛孔性苔癬を治す際、皮膚科に行っても、尿素配合の軟膏クリームを渡されるだけで、まったく効果が無かったという人は多いです実際、毛孔性苔癬は病気ではありませんし、医師によっては年齢と共に自然に治る症状として、あまり相手にされません。かといって、美容皮膚科でピーリングやレーザー治療を受けるとなると、費用がバカ高くて完治させるのは難しいです。毛孔性苔癬は自然に治るのか?皮膚科で言われるのは、「毛孔性苔癬は30才過ぎたくらいから自然と消えるから大丈夫だよ」なんて言われます。ですが実際の所、30才を過ぎても、40才を過ぎても全然治らないという人は、かなり多いのが現状です。「遺伝による症状だから」と言われる事が多いのですが、遺伝だから自然に消えるという理屈の意味が分かりません。しかも、10代や20代の人にとっては、若い時に治す事が大事なんですよね。ノースリーブの服が着たい。水着になりたい。友達や彼氏に汚いと思われたくない。自然に治るのを待ち続けて、今の大切な時間を無駄にしたくない。若い時だからこそ、今治したいんですよね。>なぜ年齢を重ねると治ると言われるのか?毛孔性苔癬は思春期の頃に発生しやすいと言われています。これは思春期のホルモンバランスの崩れによるものと考えられています。年齢を重ねると治ると言われているのは、ホルモンバランスが整うからという理由のようですが、実際の所、確信は無いようです。ですが、実際に30才を過ぎて治ったとしても、人生で一番大事な10代と20代を汚い二の腕で過ごすのは損してる感じですね。毛孔性苔癬の治し方はシンプル。毛孔性苔癬という名前のせいで、治すのが難しい症状と思われがちですが、実際の所は非常にシンプルな治し方なんです。一般的に治りにくいと言われるのは、肌奥の角質層を修復できる薬があまり無いからなんですね。皮膚科の外用薬で治らない場合、機械を使った本格的な治療をススメられるのは、肌の奥を修復する必要があるからです。毛孔性苔癬の治し方はニキビケアと同じ。毛孔性苔癬が発生する原因は肌内部の乾燥毛孔内に溜まった角症角質の毛穴詰まりターンオーバーの遅れの4つが主な原因です。【参考記事元】⇒毛孔性苔癬 4つの原因にてこれはほぼニキビが出来る原因と同じです。ニキビは皮脂が詰まり、アクネ菌が発生する事でできますが、毛孔性苔癬はターンオーバーが遅れてる事で角質が毛孔内に充満。毛孔内に充満した角質は角栓となり、肌表面まで飛び出してきて、毛穴にプツプツと詰まりだして炎症します。だから赤茶色いプツプツが、毛穴全体に発生して、密集した状態になるんですね。つまり、毛孔性苔癬を治す場合、浸透力の高い保湿力と、炎症を抑える成分が必要になってくるんですね。実際に3ヶ月後に治りました。毛孔性苔癬とニキビ跡の混在状態だった私の汚いブツブツの二の腕に使ったのが、皮膚科でも使用されるグリチル酸配合で超微粒子の薬用保湿ジェル。水溶性プラセンタのウォーターベースだから肌奥の角質層の奥まで浸透して、炎症を抑えながら潤いを長時間保ちます。ターンオーバーが整うと、約28日後に新しい皮膚細胞が生まれてきますから、早ければ1ヶ月程度でブツブツが消えます私は2ヶ月弱かかりましたけど(笑)