二の腕 ニキビ跡

二の腕の消えないニキビ跡を治す薬用成分

二の腕のニキビ跡や色素沈着したシミのよう
なブツブツの跡は、肌内部から治す事。

 

ニキビ跡の場合、腕でも肩でも背中でも、
問題は角質層の奥まで広がった炎症が原因

 

ニキビの炎症が角質層の奥まで広がる事で
肌奥の毛細血管から出血した血液の色素が
定着して、赤茶色の跡になってしまいます。

 

また、ニキビ跡が残る大きな原因の1つに
ターンオーバーが遅れてる事があります。

 

ターンオーバーは肌の新陳代謝とも呼ばれ、
ニキビ跡を治す際に非常に重要な肌の機能。

 

つまり、ニキビ跡を治すには、
●角質層の奥の炎症を抑える成分
●ターンオーバーを促進させる成分
の2つの成分が必要になります。

 

⇒だからニキビ跡や毛孔性苔癬に効くんです

 

洗うだけでは二の腕のニキビ跡は消えません

 

腕のニキビやニキビ跡のブツブツを治す際、
人によってはお風呂でゴシゴシとこする人も
多いと思いますが、それでは治りません。

 

というか、ゴシゴシと洗う事により、肌が
余計に乾燥してニキビ跡が悪化します。
ニキビ跡を治すには潤いが大切なんです。

 

もちろん、キレイに洗う事は重要なんですが
、ニキビ跡を治す場合の洗い方は、モコモコ
の泡で優しく洗いながら皮脂を除去する事。

 

当然、無添加で肌に刺激が無く、保湿効果の
ある薬用石鹸でなければ効果はありません。

 

⇒女性だけに教えます!
 私のお風呂の入り方・こすり方

 

二の腕のニキビ跡を治す薬用成分とは

 

腕のニキビ跡を治すには、ターンオーバーを
促進させる成分を浸透させる事が必要です。

 

ターンオーバーを促進させる事で、赤茶色の
色素は体外に排出され、次々と新しいキレイ
な皮膚細胞が生まれてきます。

 

分かりやすくいえば、「脱皮」する感じ。
腕の汚い皮膚細胞を落とし、キレイな皮膚に
生まれ変わるのですからニキビ跡も消えます

 

このターンオーバーを促進させる成分が、
●水溶性プラセンタ
●グリチル酸2K
以上の2つの成分です。

 

これらの成分は美容皮膚科でも使用される成
分で、短期間にニキビ跡を消してくれます。

 

グリチル酸2Kは皮膚科の薬でも処方される
ニキビの炎症を抑える成分。

 

水溶性プラセンタは、美容皮膚科でも使用さ
れる高級な成分で、肌奥の角質層の奥まで
素早く浸透し、潤いを長時間保つ事で、
ターンオーバーを活性化させます。

 

つまり、この2つの成分を浸透させる事で
肌内部の炎症を抑えつつ、ターンオーバーも
促進させる事が可能になります。

 

⇒天然保湿因子が肌を生まれ変わらせる

 

約2カ月弱という短期間で結果が出た理由

 

肌のターンオーバーが正常な状態に戻ると
約28日周期で肌細胞は生まれ変わります。

 

つまり、症状が軽ければ、
約1カ月程度で結果が出るんです。

 

私の場合はこの薬用クリームを使用して、
2ヶ月弱でかなり目立たなくなりました

 

私の症状は、二の腕から肩周辺にかけて、
ニキビ跡やシミ、毛孔性苔癬が目立ち、
かなり汚い状態でした(汗)

 

以前皮膚科の薬を使っても全く効果がありま
せんでしたし、近所の薬局で買ったザ○プロ
も全く効きませんでした。

 

そこで以前から気になっていたコレを使用。

 

使用後2週間くらいで赤みが引いてきて、
炎症を抑える効果を実感したんです。

 

⇒現役モデルが愛用するのも納得!
 まずは60日間お試し体験